エイズ検査自宅 匿名HIV・aids検査キットAV女優おすすめ

「赤枝恒雄 ガールズガード運動について」

【赤枝恒雄さんとは?】

 赤枝恒雄さんとは、赤枝六本木診療所の院長で、
現在は平成24年の総選挙により当選しましたので、衆議院議員でもあります。
現在は議員と医師を両立させているので、かなり忙しい日々を過ごされているようです。

 

赤枝六本木診療所は昭和52年に新規開院したのですが、彼は祖父、父と開業医だったので、
いつも医師である祖父と父の背中を見て育ったそうです。代々、産婦人科だそうで、彼も3代目として産科・婦人科の医師として働いてきました。

 

その中で多くの女性達の力になってきたのです。そんな女性達の現状を知る事になったのは、
あるきっかけでした。ギャルなどの話を聞くうちに、若い世代の性が大変な事になっているということを知り、彼は平成14年からはエイズ街角無料検診などを行い、性感染症の予防を重点においてこれまで活動をしてきました。そしてこれからも、彼の活動はその時に応じて進化されていくのでしょう。

 

もちろん、衆議院議員として、これからの日本の人達の生活の中に彼のこれまでの活動も良い形で影響を与えて行く事が期待できるでしょう。

 

赤枝恒雄: 東京比例 自由民主党

 

 【ガールズガード運動とは?】

 みなさんはガールズガード運動という言葉を聞いた事がありますか?
もしかしたら、その運動を行っている所に居合わせた事もあるかもしれませんね。
この運動は赤枝恒雄さんがハンバーガー屋で若い子達の話を聞き始めたことから始まりました。

 

最初の頃はギャルが多かったようですが、彼女達からの話を聞いた赤枝医師は驚いたそうです。
何でもありのセックス。あまりにも現状は酷く、危険なものだったと言います。
その結果、彼女達は望まない妊娠や病気などといった被害を受ける事も多い。

 

そこで、赤枝医師が女の子を守るために始めたのがガールズガード運動なのです。
そのためには、男の子の意識を変えなければならない。
男の子は女の子を守る立場になっていかなくてはならない。つまり、男の子達の性教育をしっかりと確立させようとしたのです。
ラジオ番組で語りかけたり、コンドームを販売したり、無料での街角エイズ検査、更には地方での講演など精力的に動いています。
これらの行動は彼だけのものではなく、多くの賛同を得ています。

 

中には芸能人などの賛同者もいたりするので、若い人達の耳により浸透していることでしょう。
また、元AV女優の方も活動したりしているので、活動の角度を変える事によって、また新しい動きもうまれているようです。

 

Dr.赤枝のボランティア活動 ガールズガード活動

 

 【赤枝六本木診療所とは?】

 赤枝六本木診療所とは、赤枝恒雄さんが院長をしている診療所で、昭和52年から診療を行っています。診療科目は産科・婦人科です。現在は院長が衆議院議員となったこともあり、
全て予約診療となっています。
 産科では妊娠検査、中絶手術、避妊相談、不妊症相談など、そして婦人科では性病検査、
癌検査、生理痛、更年期障害、子供の性教育などを行っています。

 

この子供の性教育は小・中学生が対象で、90分15000円、1日1人となっています。
性病の検査は色々ありますが、エイズなら5250円、クラミジアなら3150円の自由診療となっていますが、病状によっては保険の適用となる場合もあります。

 

 妊婦さんや、婦人科系の病気で訪れる人がもちろん多いのですが、
性感染病に関して来院する人もいるようなのです。
これもやはりガールズガード運動の効果なのかもしれませんね。