生理中エイズ検査、HIV感染率が増す?都市伝説?

気になる生理中のエイズ感染について

HIVはセックスで感染するというのはみなさんも知っている事でしょう。
もちろん、コンドームをする事によってその確率はかなりさがるものとなります。

 

挿入しなくてもオーラルセックスなどでも感染はするという事も御存じでしょうか?

 

粘膜にある傷などから感染をするので、挿入していなければ大丈夫という問題ではありません。

 

 

また、血液からの感染もあるので、母子感染などもあるのですが、血液という点から考えた時に、
理中にセックスをした場合はじゃあ感染するのか?という疑問を持つ事になりますよね?
基本的に性器粘膜からのリスクはもともと高いので、ペニスが女性の粘膜と接触し、更に血液に包まれてしまうという事から考えるとリスクはかなり高くなってしまいます。
しかし、体の外に出るとHIVの生命力というものは弱いものなので、セックス後に洗ったりしてキレイにするとあまり感染の心配はないとも言えます。

 

しかし、逆に男性が感染していて、女性は感染していない場合は、体内に残る事になるので、感染の確率は高くなることでしょう。

 

ふじメディカル

 

 

生理中のエイズ検査できる?

エイズの検査は保健所では無料となっています。医療機関などではそれぞれ違ってきますので、料金なども同一ではないと考えられますので、あらかじめ料金などは問い合わせておくと良いでしょう。

 

最近では自宅で自分で検査を行う事が出来るキットなどもあるので、忙しかったり、どこかに行って検査をする事にちょっと抵抗がある場合などに利用してみても良いと思われます。

 

いずれの場合を選ぶにしても、まず、確認しておきたいのは、今生理中ですか?ということです。
血液検査だけの場合は、何も問題はありませんが、他の感染症などの恐れも考えて、
一応調べておこう。と内診や内分泌物の検査を行うとなると、その時は生理中は避けるべきです。

 

正確な結果を得る事が出来なくなってしまいます。
その期間中は避けて、そろそろ始まる。終わったばかり。

 

という日も避けておいた方が、より正確な結果を得る事が出来るでしょう。

 

性病検査 STDチェッカー